子宮頸がん検診が始まった頃、なぜか一人で検診に行くのが怖くて友人を誘って一緒に行きました。

夫婦や友人と一緒に検診や人間ドックに行ってきた経験
夫婦や友人と一緒に検診や人間ドックに行ってきた経験

子宮頸がん検診が始まった頃

このエントリーをはてなブックマークに追加

★ 29歳 女性
子宮頸がん検診が始まった頃、なぜか一人で検診に行くのが怖くて友人を誘って一緒に行きました。
30代〜40代の女性がなりやすい病気だと聞いてはいたのですが、最近では20代の女性にも急増していることを聞き、他人事ではなくなっていました。

「もし子宮頸がんが見つかったら、あと頼むね」と冗談を言いながら検診を受けたのですが、2人とも異常は見つからず一安心。もともと子宮頸がんは初期症状がほとんどなく、見つかった頃には進行していることも多いようなので、今は大丈夫でも、定期的に健診を受けた方がいいことも病院の先生から聞きました。
まだこれから子供の顔も見たいし、楽しいこともいっぱいしたい。家族より先に逝くことなんてできないので、定期的な検診を受けようと友人と約束しました。

検診と言えば、長時間の拘束のイメージしかなかったのですが、手続きから検診終了まで2〜3時間と割と早く済んだことも驚きでした。
Copyright (C)2017夫婦や友人と一緒に検診や人間ドックに行ってきた経験.All rights reserved.