社会人の時は、よく会社の友人と検診を受けに行っていました。

夫婦や友人と一緒に検診や人間ドックに行ってきた経験
夫婦や友人と一緒に検診や人間ドックに行ってきた経験

社会人の時は、よく会社の友人と検診を受けに行っていました

このエントリーをはてなブックマークに追加

★ 38歳 女性
社会人の時は、よく会社の友人と検診を受けに行っていました。
一緒に行くことのメリットは、検査を受けるのが面倒くさいという気分が半減することです。
一つ一つの検査で毎回しばらく待たされるのですが、友人と行くとお喋りしながら待つことができるので、待ち時間も短く感じます。
特に心強かったのは、初めてのバリウムの時です。
バリウム検査の手順が良く分からず、ゲップをしてはいけない、検査台の上でぐるぐる回らなければならないなどの情報は知っていましたが、具体的にどうすれば良いのか分からず、不安でいっぱいでした。

友人は一度やったことがあるので、先に検査を受けてもらい、様子を見ていました。
それから自分の番になったので、多少落ち着いて受けることができました。

また、終了後にランチを食べられるのですが、前日から絶食していたので、せっかく食べるなら普段行かないちょっとお高めの美味しいランチが食べたいと思い、友達とレストランを吟味して行くのも楽しめて良かったです。
Copyright (C)2017夫婦や友人と一緒に検診や人間ドックに行ってきた経験.All rights reserved.